ピルの副効用

ピルは、日本では使用している人はかなり少ないですが、コンドームよりも確実な避妊効果がえられます。他にも、ピルには女性に嬉しい様々な副効用がありますので、紹介していきます。

ピルで重くて辛い生理痛を緩和しよう

ピルと言えば避妊のための薬だというイメージが強いのですが、実は女性のつらい生理痛を解消するためにも利用されているのです。
女性の身体は女性ホルモンの分泌の周期に合わせて変化します。女性ホルモンは妊娠するために分泌されているのですが、受精卵が着床しなかった時には子宮の中に受精卵のベッドとして作られた子宮内膜を剥がして次の受精卵の着床に備えます。その子宮内膜を剥がすことによって生理が起きます。この子宮内膜の中にプロスタグランジンという成分が含まれているのですが、この成分が子宮を収縮して子宮内膜を剥がしてしまおうとします。この子宮の収縮によって生理痛が引き起こされるのです。生理痛の軽減のためにはプロスタグランジンの量を減らせばいいのですが、そのためには子宮内膜が厚くならないようにすることが重要です。ピルを服用すると、子宮内膜が厚くなりません。そのため子宮内膜内のプロスタグランジンの量も減るため生理痛が軽減されるのです。ピルは生理痛の改善だけではなく、子宮内膜症の症状の緩和や経血量が多すぎる月経過多、生理不順などの治療にも活用されています。ピルを服用している間は、毎月の女性ホルモンの分泌量がほぼ一定になるため生理痛は起こりづらくなります。しかし、ピルの服用中には妊娠することはできなくなりますが、ピルの服用をやめれば1か月以内には妊娠することが可能になります。
また、ピルの服用はメリットばかりではなく、吐き気やだるさ、乳房の張りなど、つわりのような状態になることがあります。大体は2週間程度、長くても数か月ほどで改善すると言われていますが、あまりにも症状がつらい場合には医師の診察を受けるようにしましょう。
■ぜひ一度使ってみてください!
低用量ピル
■避妊や生理痛解消だけでなく、ピルは生理周期もコントロールしてくれる!
生理不順改善でお困りの方必見!