ピルは、日本では使用している人はかなり少ないですが、コンドームよりも確実な避妊効果がえられます。他にも、ピルには女性に嬉しい様々な副効用がありますので、紹介していきます。

ピルでホルモンバランスを整えて肌荒れの改善を

ピルには、避妊効果だけではなく、さまざまな副効能があります。そのいくつかをご紹介しましょう。
意外な効能として、肌荒れの改善があげられます。皮脂分泌が多くなって起こるにきびや吹き出物などは、ピルでホルモンバランスを整えることで改善されます。皮脂を分泌する皮脂腺は、性ホルモンの影響を受けるため、ホルモンバランスが乱れると皮脂分泌が増加することがあります。にきび治療の方法として、ホルモンバランスを安定させるためにピルを使用することがあり、にきびや肌荒れが落ち着くまで使用します。
生理痛の軽減にもピルは効果的です。生理痛の主な原因は、子宮内膜から分泌される痛み物質プロスタグランジンです。プロスタグランジンは経血を排出させるために、子宮を収縮させますが、過剰に分泌されると陣痛のような強い痛みになります。また、痛みを強める作用、血管を収縮させる作用もあり、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気なども引き起こします。ピルは、子宮内膜を薄く維持する働きがあるため、プロスタグランジンの産出も抑えられて、痛みが軽減します。このため、月経困難症の治療に使用されることもあります。また、子宮内膜が減るため、経血も減少します。このため、過多月経による貧血も改善されます。
最近、女性の間で急増している子宮内膜症は、子宮以外の場所で子宮内膜が増殖し、月経の際にその場で出血する病気です。ひどい生理痛や経血の増加などの症状があり、手術で組織を取り除いてホルモン治療を行います。この子宮内膜症の治療にピルを使用して、痛みが抑えられて病巣も改善したという報告もあり、治療薬として使われることもあります。
いずれの場合にも、自己判断で使用せず、医師の診断を受けてピルの処方をしてもらいましょう。