ピルは、日本では使用している人はかなり少ないですが、コンドームよりも確実な避妊効果がえられます。他にも、ピルには女性に嬉しい様々な副効用がありますので、紹介していきます。

ピルと金額とアンジュについて

ピルには種類があります。金額はそれぞれに異なり、アンジュだと2500円くらいです。 これは1シートの金額になります。病院で1回に何シートまで処方してもらえるかは、利用する医療機関によっても異なります。まとめていくつか購入する場合は、その分の金額がかかります。低用量ピルであるアンジュは、毎日の副用意より、避妊の効能効果があります。アンジュは経口避妊剤ですから、毎日のように正しく使えば、ほとんど完全な避妊をすることができます。

アンジュには2つのタイプが有り、21錠入りと28錠入りがあります。21錠のタイプは、連続して21日間お薬を飲みます。これで1シートが飲み終わることになります。そうしたら、お薬を服用するのを7日間はお休みします。そのお休みの期間が終わったら、新しいシートを用意して、1日目から飲み始めるといった使い方をします。連続で21日間飲み続けることになります。休薬期間には、月経があります。問題点としては、飲み忘れがあることです。

28錠のタイプになると、7粒は医薬品の成分を含まないプラセボ錠になります。合計では28錠であり、このプラセボが入ることにより、ピルの飲み忘れを防ぐことができます。このシートであれば、28日間飲み続けたとしても、休薬期間の7日間も含まれることにあんります。アンジュ21と同じ効果があるということになるのです。28錠を飲み終わったら、新たにシートを用意して、1日目から飲み始めると良いわけです。休薬期間も含めつつ、実質的に浜市に飲み続けることにはなりますが、飲み忘れを防止するには最適です。特に初めてピルを服用する人などは、飲み忘れ防止にもなるのでいいでしょう。