ピルは、日本では使用している人はかなり少ないですが、コンドームよりも確実な避妊効果がえられます。他にも、ピルには女性に嬉しい様々な副効用がありますので、紹介していきます。

ピルはどこで手に入る?

避妊や、旅行や結婚式などで生理の日にちをずらすために使う薬として知られているピルは、どこで手に入れることができるのでしょうか。
ピルはドラッグストアや薬局では販売していません。ちゃんと医師の診察を受けて処方箋を貰った上で調剤薬局などから購入することができる処方薬です。日本国内の病院から購入するためには、必ず医師の診察を受けることが必要になります。産婦人科ならば処方してもらうことが可能です。
ピルを処方してもらう際、避妊目的や旅行などのために生理に日にちをずらすための処方の場合には、保険を利用することができません。そのため、診察にかかった費用とピルの薬代を含めた全額を自費負担しなければなりません。そのために1か月分で5000円程度の費用が掛かります。ピルを保険適用で処方してもらうことも可能ですが、子宮内膜症や生理痛が酷く、日常生活がままならないような機能性月経困難症などの場合には、保険が適用されることがあります。また、ピルを処方してもらうための検査の一部を保険適用で行うことができるため、診察の際には保険証を持って行くようにしましょう。
「どうしても産婦人科に行きたくない」という場合には、個人輸入を行うという方法もあります。個人で使用するためならば、海外で販売されている医薬品を個人輸入して使用することが可能なのです。現在ではネットで多くの個人輸入代行業者があるので探してみるのもいいでしょう。その場合には医師の処方箋は不要なため、ピルの薬代のみの支払いとなります。その価格も病院で診察を受けて処方してもらうよりも安いのですが、偽薬を販売しているサイトもあるため、購入の際には注意が必用となります。