ピルは、日本では使用している人はかなり少ないですが、コンドームよりも確実な避妊効果がえられます。他にも、ピルには女性に嬉しい様々な副効用がありますので、紹介していきます。

低用量ピル「ルナベル」による生理日移動の方法

低用量ピルで、生理日を移動させることができます。普段からルナベルを使用している場合、通常の服用方法では、21錠タイプなら21日間服用して7日間休薬し、28錠タイプなら全て飲み終わったらすぐに次のシートに移ります。生理日を移動させる場合、早めるには実薬を早めに終えてプラセボまたは休薬期間に入り、遅らせたい場合にはその日数分を次のシートから借ります。このように、低用量ピルを日常的に利用している場合には、生理日の移動も手軽にできます。
今までピルを使用したことのない人が生理日の移動をしたい場合に、ルナベルはおすすめの低用量ピルです。ルナベルは一相性ピルで、プラセボ錠以外は同じ錠剤なので、初心者でも使いやすくなっています。生理を早める場合には、生理初日から飲み始めて、早めたい日まで飲み続けます。服用をやめると、2~3日でいつもより量の少ない生理が来ます。生理を遅らせる場合には、生理予定日の5日前から飲み始め、生理を避けたい日まで飲み続けます。飲み終えると、2~3日後に生理が来ます。移動は、長くても10日程度です。移動させた場合、生理周期は今回の生理が基準になります。生理を早める方法では、生理を避けたいイベントの間は服用する必要がないのがメリットですが、早めに飲み始める必要があります。
生理周期が安定していない場合には、予定日をピルで移動させるのは難しくなります。普段から低用量ピルを服用することで、生理周期を安定させれば、最初に書いたように簡単に移動させられますので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。
ピルの服用については、避妊のために利用するときと同様、1日1錠を同じ時間に内服するようにします。飲み忘れると効果がなくなりますので、注意してください。