ピルは、日本では使用している人はかなり少ないですが、コンドームよりも確実な避妊効果がえられます。他にも、ピルには女性に嬉しい様々な副効用がありますので、紹介していきます。

心房細動のある女性のピル服用とスポーツでの活用法

心房細動は心臓の病気なのでピルを服用すると血液の流れが悪化するので、むくみがひどくなったり、血栓症のリスクが上昇するので、服用することはできません。またピルを服用して不整脈や心房細動が起きた場合には血栓症の恐れがあるので、試用期間を受診して適切な治療を受けなければ命の危険があります。一般的には心房細動や狭心症などの病気がある女性は婦人科ではピルの処方が慎重に行われますが、個人輸入でピルを購入した場合には検査などを行わないので、心房細動に気が付かないまま服用してしまうことがあります。血液の循環が悪い状態でピルを服用するとふくらはぎや顔などにむくみが出るので、医師の指導にしたがって服用するのが減速となっています。スポーツ選手は生理周期を大会などに合わせて変えなければならないので、低用量ピルを服用することが多くなっていて、激しいスポーツの女性選手は無月経になることが多いので、それを防ぐためにも低用量ピルの服用が推奨されています。マラソンランナーは体脂肪が少なく、運動量も多いので体が妊娠状態にならない場合が多く、そのために無月経が継続している場合があります。若い頃から無月経の場合は不妊症になるリスクが高いので、積極的にピルを活用することで将来的には妊娠できる体を維持するように指導されています。またスポーツをしている若年層の女性でも生理がないことが多いので、中学校や高校での過酷な練習などに関して問題提起がされています。スポーツの強豪校は基本的には男性が指導を行っているので、女性の生理に関する知識に乏しく、無月経などが放置されるので、女性の将来的な妊娠や結婚などにとって問題が大きいとされています。